「繋ぐ架構」提案学生コンテスト2017 の見学会及び表彰式が行われました。

開催中は、天気も何とかもってくれて、無事作品の解体作業まで行うことができました。

 

中部森林管理局名古屋事務所の敷地内に展示された3作品それぞれの製作者より、作品の説明

があり、その後審査員の方と当日参加者で現地審査を行いました。

 

最優秀賞 「ダイヤモンドの結合格子」 樋口圭太 熊谷僚馬 近藤広隆

提案時点での不安材料が払しょくされ、いろいろな展開が期待される作品

今後、名古屋大学内に展示される予定

優秀賞  「つなぐ屋根」   野口万莉乃

設置場所に一番溶け込んでおり、ふさわしい作品

   

佳作  「おやこをつなぐ」 棚橋花帆 杉山由紀 中垣真子

今後、杉生さんに展示される予定

それぞれの賞が決まり、作品の撤去も終了、2つの作品は今後も展示が検討されています。

次回は、幅広板を用いた家具の提案です。ご期待ください。